電子書籍(PDF)を無料でダウンロード Xam(ザム)
 
ホーム
Xamってなに?
e-Book大賞
e-Bookを掲載する
発行者ログイン
FAQ
利用規約
お問い合わせ

このプレゼントは、入手しておきましょう。 ⇒ 詳細はこちらをクリック


 

Xam文庫 紫式部 源氏物語〜若紫〜



Xam文庫は、文学の名作を電子書籍化した
Xamのオフィシャルe-Bookです。

「源氏物語〜若紫〜」は、紫式部による作品。


光源氏18歳の話。

瘧(おこり、マラリア)を病んで加持(かじ)のために
北山を訪れた源氏は、通りかかった家で密かに恋焦がれる
藤壺の面影を持つ少女(後の紫の上)を垣間見た。

少女の大伯父の僧都によると彼女は藤壺の兄兵部卿宮の娘で、
父の正妻による圧力を気に病んだ母が早くに亡くなった後、
祖母の尼君の元で育てられ10余年たったという。

源氏は少女の後見を申し出たが、結婚相手とするにはあまりに
少女が幼いため、尼君は本気にしなかった。

その後、北山の尼君はその後少女と共に都に戻っていた。
晩秋源氏は見舞いに訪れるが、
尼君はそれから間もなく亡くなってしまう。

身寄りのなくなった少女を、源氏は父兵部卿宮に先んじて
自らの邸二条院に連れ帰り、恋しい藤壺の身代わりに
理想的な女性に育てようと考えるのだった。



源氏物語は、54帖より成り、おおむね100万文字に及ぶ長篇で、
800首弱の和歌を含む王朝物語です。

物語は、母系制が色濃い平安朝中期を舞台にして、

天皇の皇子として生まれながら臣籍降下して源氏姓となった
光源氏が、数多の恋愛遍歴をくりひろげながら人臣最高の
栄誉を極め、晩年にさしかかって愛情生活の破綻による
無常を覚えるさままでが描かれています。

さらに老年の光源氏をとりまく子女の恋愛模様や、
或いは源氏死後の孫たちの恋がつづられ、
長篇恋愛小説として間然とするところのない首尾を整えています。

e-Book表紙


◆ e-Bookの請求方法

e-Bookは、提供者のメルマガやメールニュースを無料購読いただくことにより無料で入手できます。
必要項目を入力して「e-Bookをダウンロードする」ボタンを押して下さい。

また、公式メルマガ『Xam通信』にも登録させて頂きます。
(e-Bookの著者さんが、インフォマグやフリーステップメールでメールを配信されている場合は、
 それぞれの公式メルマガにも登録されます。)

※これらのメルマガには、広告宣伝メールが含まれます。

e-Book等の提供者 : Xam運営事務局さん

PCメールアドレス


yahooメール等のフリーメールを使うとダウンロードURLが届かない場合があります。GMAILは、比較的、届くようです。
また、フリーメールではなくても、プロバイダによっては届かない場合があるようです。
その場合はお手数ですが、再度、他のアドレスで登録をお願いします。


 
 

 

Copyright (C) Xam All Rights Reserved.